ネクスト たにむかい がんばりますっ! 奈良県葛城市のパナソニックショップ (オール電化・太陽光発電・住宅リフォーム・パソコン)

奈良県葛城市のパナソニックショップです。葛城市・大和高田市・香芝市・御所市でデジタル家電・オール電化(エコキュート・IHクッキングヒーター)・リフォーム・太陽光発電・パソコンのことなら“地域密着電気専門店”のネクストたにむかいにお任せください。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DIYの際にはお気を付け下さい。

毎度おおきに!タニムカイ電気、谷向輝一です。


最近はホームセンターでも販売されているインターホンやテレビドアホン。

取替えも簡単ですので自分で取り換える方も増えているようです。


でも、お気を付けください。


インターホン配線に100Vの電気が繋がれている場合があります。


特に築年数がたつマンションなどに多いです。

当店のすぐ近くのマンションのインターホン配線がコレに当てはまります。

IMG_2032.jpg 
↑ 赤い2本の配線には100Vの電気が流れています。(非常に危険です!!)

この元の配線に新しいインターホンをつなぐと・・・壊れます。

IMG_2034.jpg 
↑ 元の配線とは別にインターホンの配線を新設します。

IMG_2036.jpg 
↑ 新しいテレビドアホンを設置しました。


電気ショック、ビリビリは味わいたくないもんですよ~。


当店ではお客様宅にお伺いして工事の下見をし、お見積もりをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせくださいね。


インターホン・テレビドアホンの事なら

タニムカイデンキにお任せください!

お電話はお気軽に、0745-48-5138まで。
スポンサーサイト

| 通信・情報機器 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葛城市尺土にてセンサーカメラ設置工事。

ブログ訪問ありがとうございます!タニムカイ電気、谷向輝一です。


先日お客様宅に夜中、玄関ドアを開けようとする音が・・・

びっくりされたお客様は、恐る恐る玄関を開けると・・・!?

誰もいない。

でも、

閉めたはずの門扉が開いている・・・。



そんなことがあったと当店にご相談を頂きました。

そんな時はセンサーカメラの登場です。

センサーカメラ VL-CM260

DCIM0373.jpg
↑ カメラの設置場所は玄関の軒下に決定しました。 

DCIM0377.jpg  
↑ センサーカメラを取り付けます。 

DCIM0374.jpg 
↑このセンサーカメラはLAN配線でテレビに接続するので、LAN配線工事をします。

DCIM0384.jpg 
↑ 保護管に入れて、配線工事をします。 

DCIM0378.jpg 
↑ 送電装置にカメラからきたLANを接続し、テレビ側にもLANを接続します。

DCIM0379.jpg 
↑ あとは、「くらし情報機器」の設定をするだけです。

DCIM0380.jpg 
↑ 結構キレイに見えます。

DCIM0382.jpg 
↑ しかもこのカメラ、暗くなるとLEDのフラッシュライトが光ります。さらに警告音もでます。



今回のお宅では接続はしませんでしたが、パナソニックレコーダーのDIGAに接続すると

センサーが反応した画像を録画もできます。

さらに、インターネット環境があれば携帯電話でカメラの画像をその都度確認できるんです。


とっても簡単で便利なセンサーカメラ設置のご依頼を頂き、本当にありがとうございました!



デジタル家電・防犯の事ならどんなことでも

タニムカイデンキにお任せください!

お電話は今すぐ、0745-48-5138まで。

| 通信・情報機器 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

でんき屋はシャベルも使います。

ブログ訪問ありがとうございます!タニムカイ電気、谷向輝一です。


本日は、インターホンの配線工事をさせていただきました。


配線工事といっても色んな工事がありますが、

今回のお客様宅は、インターホン配線の断裂、もしくは接触不良で

通信が出来ないため、玄関子機のボタンを押しても“ピンポ~ン”と鳴らなくなっていました。

調べた結果、インターホンの受話器からお家の外に出たところまでは通信できている状態でしたが、

お庭の中の配線が具合が悪くなっている感じです。


と、いうことでお客様と相談した結果、配線の張替え工事となりました。


P1070928.jpg お孫様直筆のカワイイご案内。

P1070930.jpg インターホンの配線は床下から張り替えます。

P1070929.jpg 壁の中を通って、床下~換気口へ出しました。

P1070934.jpg そこからシャベルでここ掘れピンポン!配線は配管の中に収めます。

P1070935.jpg 土を戻して、

P1070940.jpg 石畳?いや、ブロック畳を戻します。

P1070938.jpg 通気口のところもしっかりと配管に入れます。

P1070939.jpg 玄関子機の裏に立ち上げて、

P1070937.jpg 玄関子機を設置しました。


こうすれば見える露出配線が、通気口からちょこっと見える部分と、

玄関の裏側のみ(この部分はのぞき込まないと見えません)になります。

出来る限り最低限の露出に抑えました。


工事終了後、お孫様と少しの間遊んでお仕事を終えました。

帰り際に「またね~!バイバ~イ!」と言われたら、またすぐにお伺いしたくなりました!


インターホンのお仕事のご依頼を頂き、ありがとうございました!


お家の事ならどんなことでもご相談ください!

お電話は今すぐ、

0745-48-5138 タニムカイデンキまで。










| 通信・情報機器 | 21:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこでもドアホン、どこでも電話

まいどおおきに!タニムカイデンキです!

 

今日はインターホン、FAXの納品に行ってきました。

インターホン7 

インターホンは、VL-SW500KL

FAXは、KX-PW820DL

です。

 

 

インターホンはカメラ付き、子機付きで今流行りの機種です!

インターホン8 

インターホン付きのポストだったので、

今までの玄関子機の上に取り付けました。

 

インターホン10 ドアホン親機を取り付け。

5.2型の画面なので大きく映って見やすい!

しかもこの親機、“タッチパネル”なので余分なボタンはついていません。

その都度ボタンが画面上に表示されるので、そこに触れるだけで操作ができるんです。

 

このタッチパネル

「なんか使いにくそうやわ~・・・」と

僕自身最初はとっつきにくかったんですが、

実は操作が簡単なんです!

オススメです!

 

話は戻って、

インターホン9 FAXの設置完了です。

ちなみにこのFAXの親機も、“あの”タッチパネル!

言わずもがな、余分なボタンはついていません。

電話機と同じくらいのボタンしかついていないんですよ。

 

 

インターホンにも子機、FAXにも子機。

子機だらけと思いきや!!

このインターホンとFAXには「ワイヤレスアダプター機能」がついているんです。

この機能が今日のミソです。

 

この機能は、配線不要でFAXとインターホンを結び付けてくれる機能です。

 

つまり、どなたかが玄関のインターホンのボタンを押せば、

インターホン親機・子機のみならず、FAXの親機・子機の4ヶ所で応答が可能なんです。

さらに電話がかかってきたときは、

FAXの親機・子機のみならず、インターホンの子機の3ヶ所で電話を取ることができます。

 

つまり家中どこでもインターホンも電話もできちゃうものすごい便利なセットなんですね。

 

1階に電話もインターホンも設置されているご家庭が多いと思います。

「2階にいたら全然聞こえない!」という方、

このセットなら2階に子機を置いておけば、来客も電話もばっちり聞こえます!

 

今回のお客様も、とっても満足していただけました!

当店にご相談いただきありがとうございました!

 

お家の中でのお困りのことなら何でもご相談ください!

お電話は今すぐ

0745-48-5138 タニムカイデンキまで。

| 通信・情報機器 | 20:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カメラ付きインターホン取替え工事

毎度おおきに!タニムカイデンキです!

今日は、先日ご依頼いただいたインターホンの取替え工事をご紹介します。

この機種は録画機能付きなので、留守時の来客も確認できますし、
なによりカメラ付き機種は防犯に貢献してくれますよ


本日のお客様は当店のご近所のマンションの方です。
インターホンはマンション建設時からの17年前ほどの白黒のカメラ付きインターホンでした。
インターホン2
このインターホンを取り外し、配線を確認します。
インターホン2
ちょっと見えにくいですが左側の白と黒の線が100Vの電気配線です。触るとビリビリ感電します。
ここの工事は、電気工事士の免許がないと触ってはいけません。
ちなみに、右側の白と赤の線は玄関子機との通信線です。
インターホン3
新しいモニターの取り付けです。
前についていたインターホンの熱で黒ずんでいた箇所を綺麗に磨いて新しい機械を取り付けます。
以前のインターホンと比べて小さくなり、かなりすっきりしました。
インターホン6
玄関子機も取り外します。
ここでの注意点は、「壁の塗装と一緒に取り外さないこと」です。
玄関子機の土台は、壁の塗装にへばりついていることが多々あるんですね。
無理矢理はずすと、壁の塗装も一緒にはがれてきますので、
カッターで周りを綺麗にカットしてから取り外します。
細かいことですが、これをしないと見た目がかわいそうなことになります。。。
インターホン5
新しい機械を取り付けます。
インターホン4
これで、カラーの映像で来客を確認できるようになります。

お客様も思っていたより綺麗に見える!と喜んでいただきました。

高価な商品を買っていただいた時も勿論うれしいんですが、
お客さんに喜んでもらうことが
この仕事をやっていて一番うれしい時ですね!


作業時間はおよそ10分ほどです。
短時間でテレビドアホンに取替えできます。

当店にインターホン取替え工事をご依頼いただきありがとうございました。

デジタル・オール電化・リフォームのいことなら
タニムカイデンキまで
お電話は、
0745-48-5138まで
お気軽にお問い合わせくださいね。

| 通信・情報機器 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。